カテゴリ:21世紀( 43 )

2015年の初めに

a0008176_20301152.jpg

2015年は『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』。ご存知1968年のフィリップ・K・ディックのSF小説です。舞台は2020年(映画「ブレードランナー」では2019年)の第三次世界大戦後のサンフランシスコ。自然が壊滅的打撃を受け、生物は昆虫一匹さえ法によって厳重に管理されている。
僕は2011年「大都会東京の小さな自然 ー鳥たち虫たちの命の鼓動ー」という写真展を開催し、そのために都内の自然公園、皇居などにトンボ、蝶々、バッタ、蜘蛛など追いかけて撮影しました。しかし2014年同じ場所に出掛けてみると、虫たちが極端に少なくなっていました。2014年はデング熱のための殺虫剤散布、人手不足のための公園の荒廃化が進みました。5年後の2020年に向かい奇跡的に第三次世界大戦が無いとしても、ディックの自然の壊滅的打撃の世界観に近づきつつあるかも知れません。2020年東京オリンピック開催に浮き足立つ事なく、足元の自然と共存する生活を模索する一年としたい。
[PR]
by naokingjp | 2015-01-02 20:32 | 21世紀

2014年の総括

a0008176_18213284.jpg



大晦日の獺祭。一人酒、手酌酒、エバンスを聴きながら〜??
アテは天狗製菓のピリカレー、ソルティクラッカー、鴨のフォアグラ・・・*\(^o^)/*
[PR]
by naokingjp | 2014-12-31 18:20 | 21世紀

「満開の桜の散り際に思う事」

満開の桜を散らす無粋な雨と風。でも日本人は移り行く季節にある事として受け入れます。一年中満開の桜の造花を飾る人はいません。また落語に出てくる江戸っ子は女房を質屋に入れても、旬の初ガツオを買い求めます。
海外では今回の震災で、日本人が我慢強く、秩序正しく列に並び、暴動も略奪も起きない事に驚嘆しました。その国民性はどこから来たのでしょうか?恐らく日本人は自然と共存し、四季折々の変化を生活に取り入れ、四季それぞれの旬の食材を口にしてきたからではないでしょうか。
暑さ寒さを耐える事から、楽しむことを見つけてきました。
最近の人はすぐキレルと言われます。ガマン強く無くなってきたのは、自然の変化から遠ざかり、一年中同じ気温で過ごし、一年中同じ食材を食べてきたから?
「季節の無い街に生まれ」、エアコンと冷蔵庫と電子レンジのある生活が究極の幸せなのでしょうか。
世界が注目する日本人気質は、自然に対する感受性、生活の中の美意識、鋭く繊細な味覚など。それらは四季の変化を受け入れてきた生活によって培われて来たはずです。
近い将来に来るかもしれない海底生活・地中生活には四季の変化はありません。それまでは地球の地上にいる限り、四季の変化を楽しもうではありませんか。暑くとも寒くてもガマンしながら、旬の食材を味わいながら・・・
[PR]
by naokingjp | 2011-04-16 14:14 | 21世紀

「2k540」

秋葉原と御徒町間の高架下。昨日、10日に2k540 AKI-OKA ARTISAN がオープン。
JR東海が提唱する「ものづくりの街」。面白いコンセプトだと思う。
2k540ってテッチャンならすぐわかる符合。
a0008176_22313415.jpg

a0008176_22313682.jpg

a0008176_22313748.jpg

D300 + 20mm F2.8 MF
実験その2。jpegのfine をiPadに吸い上げ、エキサイトブログに使用。自動リサイズにおまかせ・・・
[PR]
by naokingjp | 2010-12-11 22:36 | 21世紀

中野ブロードウェイ探訪

愛知大学で環境経済学を教えている大澤先生と中野ブロードウェイに出掛けました。
a0008176_18354188.jpg
商店街の活性化状況の成功事例としての見学ツアーです。
平日の午後、多くの人で溢れています。特に2階から4階までは、まんだらけの店舗を中心にディープなマニアの店が並んでいます。
ビルの中の低い天井のフロアが迷路のように広がりハモニカ横丁状態で店が並んでいます。
しかし2階から1階を見下ろす吹き抜けがあり、4階にも3階を見下ろす吹き抜けがあります。
これが、密室状態の店舗群に対して、空気の流れ、遠くを見る目線を確保し、変化を持たせています。この吹き抜け設計が重要だと実感しました。
人を呼ぶ商店街は、売るコンテンツも重要ですが、街のレイアウトも重要だと再認識しました。
a0008176_1836134.jpg
こちらの写真は、3階から4階までの吹き抜け。天井のデザインを含め開放感がある。
[PR]
by naokingjp | 2010-01-26 18:39 | 21世紀

「押っ取り刀」

ようやく自衛隊がハイチに行きましたね?世界が注目している中、72時間以内の救出が重要なので、間髪入れず出掛けるとやはり注目浴びますよね。すべからく重役出勤は今時では通用しない。日本には「押っ取り刀」という素晴らしい言葉があるのに、オットリしていたら世界は注目しないですよ。
ちなみに押っ取り刀とは、「急な出来事で、刀を腰に差す暇もなく、手に持ったままであること」。押っ取り刀で駆けつけると使います。
[PR]
by naokingjp | 2010-01-22 00:31 | 21世紀

シクラス遺跡その後

リマの天野博物館の事務局長・学芸主任の阪根博氏が5月に来日し神楽坂/キイトス茶房でシクラス遺跡の発掘最新情報を講演してもらいます。
徐々に神殿の姿が浮き彫りになると同時に、謎も深まっていくようです。

キイトス茶房のブログはコチラ
●演題:「アンデス文明の謎に迫る
     -シクラス遺跡を掘るにつれ、謎はさらに深まったー」
●日時:2008年5月21日(水) 午後7時より
●講師:ペルー「天野博物館」事務局長 学芸主任 阪根博さん
■料金 お一人様2000円(チャージ)+飲み物代 当日受付でお支払ください。 
■参加方法 キイトス茶房へ電話予約か、キイトス茶房ブログのメールフォームから申し込み可。定員30名。

キイトス茶房
所在地
東京都新宿区箪笥町25番地 野吾ビル2階
電話・ファクシミリ  03(5206)6657

開店 午前10時から
閉店 午後9時30分
L.O. 午後9時
定休日 毎月第1・3土曜日
a0008176_12194022.gif■大江戸線「牛込神楽坂」駅より
A1出口を出て右折、100m先の牛込北町交差点を右折して3軒目にキイトス茶房があります。徒歩約1分。

■東西線「神楽坂」駅より
2番出口(矢来町出口)を出て横断歩道を渡り、真正面の道を道沿いにまっすぐ。歩いて行くと左手に「新潮社さん」や「Adidasさん」が見えます。さらにまっすぐ行き、「旺文社さん」を通りすぎると2軒目。牛込北町交差点の手前にキイトス茶房があります。徒歩約5分。

■JR「飯田橋」駅より
西口を出て、神楽坂下交差点からから神楽坂商店街を上り、神楽坂上交差点を目指す。神楽坂上交差点を左折、大久保通りを道なりに行き、牛込北町交差点を右折して3軒目にキイトス茶房があります。徒歩約12分。

天野博物館公式ホームページはコチラ
[PR]
by naokingjp | 2008-04-23 12:21 | 21世紀

「三寒四温」が「二寒四温」に

2007年は「三寒四温」が壊れてしまった。
「二寒四温」で急速に春が進んでいる。
[PR]
by naokingjp | 2007-03-10 22:30 | 21世紀

神楽坂の「顔」巴有吾有が消える・・・(26)

坂の途中に建つ巴有吾有の建物。坂と歩道と建物が一体となって溶け込んでいる。
a0008176_11185644.jpg

[PR]
by naokingjp | 2007-01-16 11:19 | 21世紀

神楽坂の「顔」巴有吾有が消える・・・(25)

二階に上がったすぐの所にあるテープルの上にはギャラリーの案内状などが置いてある。
元は何に使われていたテーブルなのだろうか?
a0008176_05581.jpg

[PR]
by naokingjp | 2007-01-15 00:06 | 21世紀