ヴェルタ・ア・エスパーニャ2006(15.1)

今日は休息日。
後半のレースを占うと、
総合1位のバルベルデは好調を維持。
2位、カシェチキンが48秒差。
3位、サストレが1分25秒差。
4位、ヴィノクロフが1分38秒差。
5位、ホセアンヘル・ゴメスが2分23秒差。
3分以内は、この5名。もう一度個人TTがあるから、この中から総合優勝者か?
カシェチキンは同チーム、同国人のエースのヴィノクロフを全面アシストしてくるから、ヴィノクロフ有利か?
ヴィノクロフは昨年移籍が決まったとき、絶対的エース、エラスがいたから難しいと思っていたら、彼がドーピングで出場停止。エース君臨かと思われたら、今度はチーム全体がドーピングでガタガタになる。不運の1年だった。新生アスタナでまずヴェルタ制覇をしたいだろう。
いずれにせよ、16と18ステージで雌雄が決着しそう。
[PR]
by naokingjp | 2006-09-11 14:10 | 映画
<< ヴェルタ・ア・エスパーニャ20... ツール・ド・ポーランド2006... >>